2021.07.16

ふるさとみつけ塾第2期、キャリア講座ワークショップ4回目を開催しました!

ふるさとみつけ塾第2期、キャリア講座のワークショップ4回目を6月25日(金)にオンラインで開催しました!   

過去のワークショップレポートは下記をご覧下さい。

第1回:https://dialogueforeveryone.com/2021/05/20210520/

第2回:https://dialogueforeveryone.com/2021/06/20210618/ 

第3回:https://dialogueforeveryone.com/2021/06/20210629/ 

  

今回のテーマは、「自分のVISION、MISSION、VALUE宣言と、はじめの一歩」。前回に引き続き、自分の未来を考えるフェーズです。 

今回のメインは、なんといっても「自分の目標を他人に考えてもらうワーク」略して「タニモク」!ふるさとみつけ塾のキャリアワークショップではお馴染みになってきましたが、自分1人で考えても同じ思考回路で同じ解決法しか出てこないため、他者の新鮮な切り口を得る目的で実施しました。 

Vision(目指したい世界)は一緒でも、そこに至るまでの道のりは人それぞれ。いろいろな登り方をタニモクによって仲間からのヒントを得ていきます。 

この日のワークショップに先立ち、参加者の皆さんには自分のセカンドキャリア計画の状況を絵で表現してくるという宿題をお願いしました。 

これまでの自分の過去や今の思いを言語化するワークから一転、絵での表現に参加者からは悲鳴にも近い声が(笑) 

参加者間で準備してきた絵を見せ合いながら、自分の絵の説明をしていきます。  

説明後は、他の参加者が考える説明者の目標を「タニモク」として絵で表現。「コツは大胆に、無責任に書くこと」と言われて、ちょっとドキドキしながら書いて下さった絵の数々は、完成度が高く、短時間で集中して書いて下さったことが伝わってくるよう。 

絵や説明を聞いた感想として、 

「いろいろやりすぎると、どこに向かって進んでいるか分からなくなることがある。分業できると良いかもしれない」 

「一人で悶々と考えるのではなく、自分の苦手なところを補ってくれる人と出会えると進みそう」などが挙げられました。  

回を重ねるごとに、どんどん参加者間の距離感が縮まっていく2期メンバー。今回のワークショップも、笑いに溢れつつ、お互いに刺激しあう時間となりました。 

次回5回目のワークショップのテーマは、「行動の進捗報告会」と「セカンドキャリア実践者との対談」。開講から2ヶ月間取り組んできたキャリアワークショップを踏まえて、いよいよ入学する熱中小学校を決め、インターンシップ先との面談に進みます。皆さんのサポートの一つとして、個別のキャリアコーチングも実施し、じっくりと深めていきます。約1ヶ月後のワークショップで集まるのが今から楽しみ! 

イベント盛りだくさんな期間となりますが、お一人ずつに寄り添いながら、引き続きサポートしていきたいと思います。   

————————————————   

ふるさとみつけ塾の最新情報はこちらのFacebookグループにて随時お知らせしております。ぜひお気軽にご参加下さい。 

https://www.facebook.com/groups/3208518529244044

———————————————— 

< 一覧に戻る